« りお太郎の海外放浪その一 “オレゴン” | トップページ | I-nacクライミング講師、東秀磯さんの授業 »

2006年7月 4日 (火)

コロラドで最初に登った山、Mt.エルバート

りお太郎はアメリカの大学で4年間学びましたが、正確に言うと短大と4年制大学に2年ずつ通ったことになります。オレゴンの高校からコロラドに移って、最初の大学生活を始めたのがロッキー山脈の山奥にある“レッドビル”という町です。

レッドビルは昔鉱山として栄えたのですが、今はかなりサビれてしまっています。ただ、コロラドのみならずアメリカで標高が最も高い町(標高3,000m)なので、りお太郎のような山屋からしてみると魅力のある町だったと言えます。多分、今レッドビルに行って、いきなり町の体育館とかで運動したら、間違いなく高山病になるでしょう。この町には小じんまりしたスキー場もあれば、りお太郎が通っていたコロラドマウンテンカレッジもあるし、まわりには4,000mを越える山々が10コ程あります。

さて、りお太郎はレッドビルに移り住んで、すぐに(まだ学校が始まる前)近くのエルバート山を登りました。標高は4,400mで、コロラド州の最高峰で、ロッキー山脈の最高峰でもあります。まだたっぷり雪がある時期でしたが、日帰りの単独行で以外と楽に登れました。当時18歳のりお太郎にとって初めて富士山より高いところに立ったのがこの山です。斜面はゆるやかなので、冬でもアイゼンは必要なく、スノーシューでだいたい登れちゃいます。123609

エルバート山はコロラドの主要の山の中では簡単に登れる山だし、アクセスも良いです。コロラドマウンテンカレッジ在学中に授業とかでも登ったので4回頂上を踏みました。天気が良ければ頂上からの景色は感動的なものだし、コロラドで一番高いところに立って見下ろす気分は格別です。ただし、りお太郎はエルバートのすぐ隣のマッシブという4,000m峰や、そのまた隣のホーリークロスという頂上付近の岩壁が十字にえぐれている山の方が登山の内容はおもしろいと思います。

日本からコロラドに行く場合はデンバーの国際空港を使うことになり、デンバーから一応レッドビルまでバスが出ています。ただし、アメリカでの旅行はレンタカーを借りて自由自在に動き回るのが最適で、車が無いとどの山の登山口にも楽にはたどり着けません。

最後にレッドビルでオススメする場所は、Wild Bill's Hamburgers & Iceというハンバーガーとアイスクリームのお店です。

|

« りお太郎の海外放浪その一 “オレゴン” | トップページ | I-nacクライミング講師、東秀磯さんの授業 »

コメント

りお太郎さん
はじめまして、私もCMC Leadvilleに2年間住んでいたハヤシヒロキです。1988-1990頃です。ロフト付きの寮に住んでいて、懐かしく記事を呼んでいました。既に壊されたことはすごく残念ですが、昔の思い出がよみがえってきました。。ありがとうございます。当時は夏はマウンテンバイクでいろいろ制覇したり、冬はスキー三昧で面白かったです。すごく、いいとろですよね。すごくきれいだった星空が今でも想像できます。また、Leadvilleに行きたいと思いました。私はその後、University of Colorado Boulderへ行き、合計で6年間コロラドに居ました。しかし、スキーを専門にしていたので、夏はMt.Hoodに行ったり、Blackhomb Whistlerにも行きました。Portlandにも住んでいたようですごく似ているんだなとも思いました。アウトドアを継続していることはすごくすばらしいです。私もそうしていれば良かったとたまに公開しています。今は東京で普通のサラリーマンです。ステレスたまりまくりな最近。w

投稿: ハヤシ | 2014年1月 2日 (木) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« りお太郎の海外放浪その一 “オレゴン” | トップページ | I-nacクライミング講師、東秀磯さんの授業 »