« 日本からとお~い“パタゴニア” | トップページ | 妙高で洞窟探検 »

2006年7月31日 (月)

山でのトラブルいろいろ

りお太郎が登った山をいくつか紹介してきたが、今までは登頂に成功した例ばかりを話してきた。でも、実際は頂上までたどり着けず、途中敗退したことは数え切れないくらいあるし、単に登れなかっただけでなく、ヒドイ目に会ったり、ちょっと危ない状況になったことだってある。今回はそんなカッコ悪い経験をいくつか紹介しようと思う。もう10年以上、いろんな場所で登山をしてきたので、けっこういろんなことがあった。たとえばりお太郎にどんなことがあったかと言うと・・・ 

●高山病(何回も経験しているが、最もひどいところまで症状が悪化してしまったのはアラスカ・マッキンリーで肺水腫になった時) ●エクアドルにいた時は、近くの火山が噴火し、大量の灰が降ってきた。(妙義山の登山口でテント泊していた時も、浅間山が噴火して灰に降られた。) ●ボリビアでは、バスで山への移動中、ザックを盗まれる。 ●カナディアンロッキー、アメリカのシエラ・ネバダ山脈、グレートスモーキー山脈での計3回、登山中に熊と遭遇する。 ●新潟県の日本平山では、登山中激しい雨になり、下山のとき増水した沢を渡渉した後、20匹くらいのヒルが体中にはりついていて、Lion全身血を吸われまくった。 ●大学の仲間とコロラドの山奥でキャンプしていた夜、りお太郎のスパゲッティソースを入れていたボトルが気づかないうちにマウンテンライオン(画像)にかじられていて、くっきり歯型をつけられた。そのボトル(ナルゲンボトル)は大学で参考資料として大切に保管されている。

あとひとつ忘れられないのは、コロラドでの登山中の出来事なのだが、登山口から10キロ程入った完全に人っ子一人いない幕営地で、“コヨーテ”の群れが現れ、りお太郎のテントが囲まれたのである。ちなみに、コヨーテは犬と狼のあいの子みたいな肉食の動物で、アメリカ全土に生息している。めずらしい動物ではないし、1匹だけ山の中で見かけるのだったら、ちっとも違和感はない。しかし、その夜現れたコヨーテの群れは10匹以上いたし、たぶん相当腹をすかしていたのか、かなり荒れた連中だった。単独登山だったことを、この時ほど恨めしく思ったことはない。

以下その時の状況:

夜になってこれから寝ようという時に、不気味な足跡と気配に気づいた。入り口を少し開けて、テントから外をのぞき見ると、ヘッドランプの光に反射したコヨーテたちの目がギラギラとこちらを伺っていたのである。その瞬間感じた恐怖と、孤独感、そしてこれから始まるであろう戦いの厳しさに背筋が冷たくなった。最初に仕掛けたのはもPhoto_13ちろんコヨーテたちだった、徐々にテントに近づきながら、りお太郎の退路を絶ち、木からロープでぶらさげた食料袋に飛びついて引き裂き、中のものを食い荒らした。さらに、調子に乗った彼らはテントに迫る勢いだった。りお太郎はピッケルを握り締めながら、日本語で悪態をつきまくり、抵抗する意志を強くアピールした。結局互いの牽制は一晩中つづき、あたりが薄明るくなってきた頃、やっとコヨーテたちはりお太郎を開放してくれたのだった。もう登山どころでなく、そのあと一目散に下山したことは言うまでもない。

|

« 日本からとお~い“パタゴニア” | トップページ | 妙高で洞窟探検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本からとお~い“パタゴニア” | トップページ | 妙高で洞窟探検 »