« 自転車で本州の最南端へ! | トップページ | 世界で一番高い山は? »

2006年8月29日 (火)

貴重なる留学生のデータ

りお太郎は、中学校を卒業してからすぐにアメリカへと留学し24歳まで、あっちで生活していた。そんなことを人に話すと、よく感心されたり、興味をもっていろいろと質問されることがあるが、実際の留学生の生活はたいしておもしろくもないし、平凡で人からほめられるようなものでない場合が多い。

毎年日本からアメリカに留学する人の数はじつに4万人を超える。テロによる影響で一時減少したけれど、今は9.11以前に戻りつつあるようだ。りお太郎が留学したのは1991年で、その年にはじめて1年間のアメリカへの留学者数が4万人に達した。1986年では、まだ1万5千人だったが、そこから急増して、じつに5年間で年間の留学者数は2.5倍になった。だから、りお太郎はちょうどそのアメリカ留学ブームにのってしまった口だったと言える。

そんな、どうでもいいデータはさておき、留学生の実態についてとりあえずひとつ紹介したいと思う。日本人留学生の最大の弱みは恋愛に対して不利な状況にあるということである。なんだそんなことか、と思うかもしれないけど、それが理由でアメリカ留学に挫折してしまった人はたくさんいるはずだ。これは語学力の問題も関係があると言えば、あるのだが、もっと根本的なところの話である。ぶっちゃけると、日本人の男はアメリカでは、まったくモテないのだ。これは悲しいことだが、りお太郎が現実として受け入れなければならなかった事実だった。ここではっきりさせておくが、日本人がモテないのではなく、日本人の男がモテないのである。これはデータにも謙虚に表れていて、アメリカにおける日本人留学生の男女比率は男4に対し、女6で、これは他の外国人留学生の男女比率が、男が圧倒的に多くなっているのを見ると特異にうつる。しかし、りお太郎にしてみればこれなんか当たり前のことで、アメリカは日本人女性にはとても居心地が良い場所だから、女の方が多くなるのは当然だと思う。アメリカ女性から、まったく見向きもされない日本人男性と違って、日本人女性はレディファーストの習慣を叩き込まれたアメリカ男性からとても大事にされ、もてはやされ、恋愛でも決して引け目を感じることがないはずだ。むしろ日本にいる時より、日本人女性たちは自分たちがモテるので、良い気分になっているのではないかと思う。

アメリカ人たちはシンプルな頭の持ち主が多い。料理の味付けと一緒で、大ざっぱになっている。アメリカ男性が恋におちると、相手に対して露骨なほどその愛をみとめてもらおうと突き進む。男の立場は弱いのだ。恋しているという弱みからではなく、選択権がほぼ女性の方にあるため、男の方は必死になってつくさなければならない。主導権をにぎっているアメリカ女性は賢く、強く、悪く言えば生意気で、それは美しい女性になればなるほど凄みを増してくる。こんな世界で、小心者の日本人男性たちが太刀打ちできるはずがない。

アメリカ男性たちにとって、日本人女性たちは驚くほど安らぎを与えてくれるのである。なぜなら日本人女性はアメリカ女性と逆でつくすタイプが多い。どこまでも優しく、男性を立てることを知っていたり、母性本能とやらを使って、男性が甘えてくることさえもゆるしてくれるのである。これはアメリカ男性にとって奇跡のように感じるはず。日本人女性たちが、お節介なほどつくしてくれることにより、多少ブサイクで、金髪女性ほどスタイルがよくないことも忘れてしまい、ジャパニーズのとりこになってしまう。アメリカ男性たちはホント単純なのだ。

アメリカでの、りお太郎の失恋話はあまりにも悲しすぎるので、できればしたくない。恋がはじまる前に、だいたいエンドマークが出されていた。金髪の彼女を夢見て、勇んで立ち向かったのだが、それは無謀な挑戦だったことに気づかされる。りお太郎による真珠湾攻撃は、たった一隻の船さえ沈めることができないまま、こちらが無残に撃沈されたのだった。

アメリカ留学については、またこれからも紹介します。できれば“コメント”でなにか質問をしてもらえるとうれしいです。

|

« 自転車で本州の最南端へ! | トップページ | 世界で一番高い山は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車で本州の最南端へ! | トップページ | 世界で一番高い山は? »