« りお太郎、大町マラソンを惨めにリタイヤ | トップページ | 八海山の真っ赤に染まった屏風岩 »

2006年10月26日 (木)

“新潟カップ”で いっと が奮闘

Pict0003_3 新潟県山岳協会が主催するクライミングの大会“新潟カップ”は、毎年I-nacで開催されています。この大会には新潟県在住の腕に覚えがあるクライマーのみならず、他県からもクライマーたちが妙高にやってきます。

I-nacからは1年生のいっとが参戦し、オープンクラスというカテゴリーで最もレベルの高いクライマーたちと競い合いました。この大会の参加者たちが登るルートを考え、ルートセッターとして用意してくれたのはI-nacのクライミング講師の丸木先生です。これはいっとにとっても、他のクライマーたちにとっても重要なポイントで、丸木先生はボルダリングの日本チャンピオンという肩書きどおり、とにかく難しく、激しく、頭脳も必要とする、厳しめのルートを作る人です。

案の定、丸木先生の創造力が要求されるルートでオープンクラスは大混戦になりましたが、いっとは予選では4位につけ、順当に決勝にすすむことができました。決勝のルートは、これまたユニークかつ難しいものになり、最終的にすべて登りきった完登者はひとりもいませんでした。そして、われらがいっとの最終順位は4位。わずかの差で入賞を逃してしまったのでした。う~ん、残念!

今後、丸木先生に鍛えてもらいながら、いっとはステップアップしてくれると思います。

|

« りお太郎、大町マラソンを惨めにリタイヤ | トップページ | 八海山の真っ赤に染まった屏風岩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« りお太郎、大町マラソンを惨めにリタイヤ | トップページ | 八海山の真っ赤に染まった屏風岩 »