« 今日ちょっと笑えたこと | トップページ | ボルダリングフェスタの結果 »

2006年11月28日 (火)

佐々木大輔講師による登山の授業

Pict0004_1 登山の授業で糸魚川市にある青海黒姫山に行きました。黒姫山は山全体が石灰岩という、ちょっと珍しい山で、登山コース上には急な場所もあり、石灰岩は濡れるととにかく滑りやすいので、ロープがいたる所に張ってあります。ここでは大規模な採掘が行われていて、大きく削られていてしまっている山の姿はちょっと可哀想になります。でも頂上付近には“ドリーネ”地形(すり鉢状の窪地)が見られるし、なかなか面白い登山ができる山だと思います。駐車場から登山口まで、かなり長い間舗装路を歩かなくてはならないことが、タマにキズですが。

Pict0001_1 今回の講師はプロスキーヤーで山岳ガイドでもある佐々木大輔さんで、登山専攻の学生たちに厳しい指導をしていただきました。学生たちは順番にガイド役をこなし、それぞれが佐々木さんから評価をしてもらいました。いきなり、お客さんがわがままを言い出したり、ケガしたりするなど、難しいシチュエーションになった時、ガイドはどんな判断をするかなど、じっくり考えさせられました。

りお太郎は佐々木さんを随分前から知っていますが、彼ほどバイタリティがあり、アクティブに活動している人はいないと思います。以前紹介したことがある児玉毅さんと同じ北海道札幌市在住で、ふたりはプロスキーヤーとして大切な仲間同士だといえます。ふたりが立ち上げた冒険スキー集団“なまら癖-X”はその業界では有名で、海外での冒険活動で大きな成果をあげています。でも、りお太郎が見るところ、ふたりはお互いをかなり意識していて、ライバル的存在になっているように思えます。りお太郎は佐々木さんたちと海外に遠征し、高山病になった時、サポートしてもらい、命を救ってもらったことがあるのですが、彼の山に対する知識と技術には絶大の信頼をおいています。

ところで、プロスキーヤーに佐々木大輔という人物はふたりいることをご存知でしょうか?同姓同名で、しかも生まれた年も一緒だということがあり、雑誌等の中ではかなり紛らわしくなっています。ふたりを区別するのに、札幌の大輔だとか、サロモン(スキーのスポンサー)の大輔だという言い方をされているのですが、とにかくプロスキーヤーとしてほとんど同じような活動をしているので、いったい全体どっちがどっちなんだ!みたいなことになります。りお太郎はその佐々木大輔と佐々木大輔の両方を知っていますが、これだけ共通点があるふたりは、性格や雰囲気までは真似ることができなかったようです。札幌の大輔とは別の佐々木大輔はダイッケと呼ばれていて、札幌の方の大輔がダイッケさんより、野生的な雰囲気を出しています。このふたりに関しても、りお太郎にはライバル同士というように見えます。ふたりの佐々木大輔に児玉毅も加え、日本におけるバックカントリースキーヤーの草分け的存在3人が、今後どんな活動をするか、りお太郎も注目しているのですが、ぜひチェックしてもらいたいと思います。

Pict0014最後みんな走らされた。

|

« 今日ちょっと笑えたこと | トップページ | ボルダリングフェスタの結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日ちょっと笑えたこと | トップページ | ボルダリングフェスタの結果 »