« “花谷泰広”講師、I-nacで熱く語る。 | トップページ | そしてたどり着いた場所は、GRAND CANYON »

2007年1月30日 (火)

アリゾナ州で、アメリカらしさを感じる

今年になって、ますますブログの更新が少なくなった。気がつけば、まだ記事3つしか投稿していないではないか。これではまずいので、自分自身を奮い立たせるためにも、りお太郎が海外で体験したこと、とくに何年か暮らしていたアメリカでのことを何回かに分けて、じっくり書いていこうと思う。

熱くなって語りだすと、なが~い文章になり、かなり読みづらくなるのは十分承知の上だが、これから伝えようとしている“アリゾナ州”に、りお太郎は相当強い思い入れがあるのだ。

1回目: アリゾナ州概要

2回目: そしてたどり着いた場所は、GRAND CANYON

3回目: オルガンパイプサボテンと語りあったこと

4回目: 灼熱の大地アリゾナを、BICYCLEでゆく

5回目: I-nacのアメリカ研修 in Arizona (予定)

800pxflag_of_arizona 286pxmap_of_usa_az_1

アリゾナは、アメリカ西部にある州で、太平洋に面したカリフォルニア州のひとつ東に位置し、メキシコとの国境を持っている。その面積は約30万平方kmで、日本の本州よりかデカイ。(本州は22万平方kmくらいだよ)アリゾナの特徴は、なんといってもその大部分が砂漠であるということ。勘違いしないように説明しておくが、決してサハラ砂漠や鳥取砂丘のような砂の砂漠が広がっているのではない。イメージしてもらいたい景色は、まさにアメリカの西部、サボテンが立ち並んでいて、馬に乗ったカウボーイなんかが砂煙巻き上げているようなところ。(実際はアリゾナには広大な森林も、大都会もあるのだけどね)

りお太郎にとって、3年間住んでいたオレゴン州にあるような地平線まで続く緑の平原や、4年間暮らしたコロラド州の雪をまとったロッキー山脈の壮大な景色などは特別な思いがある場所だ。にもかかわらず、なぜかあのアリゾナの荒涼とした、すぐにも唇が乾いてきそうな場所の方を思い出しては、懐かしく、恋しく思ったりするのである。たぶん、アリゾナの気候、サボテンの大地などは絶対に日本では体感できないものだということ、そして、まだアメリカに行ったことがない時から想像していたアメリカらしい景色が、まさにアリゾナのようなところだったからかもしれない。

アリゾナの中心は州都であるフェニックスで、そこは大都会なのだが、町を一歩でればすぐサボテンだらけの砂漠が広がる。また、アリゾナ北部に行くと、標高が少し高くなり、サボテン以外にもたくさん木々が見られるようになる。そして、その地平線のむこうに圧倒的なスケールで、訪れる人たちを驚かし、大いに魅了する場所があるのだ。そこが何千万年の歳月をかけてコロラド川によって創り出された峡谷、“グランドキャニオン”だ。

|

« “花谷泰広”講師、I-nacで熱く語る。 | トップページ | そしてたどり着いた場所は、GRAND CANYON »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “花谷泰広”講師、I-nacで熱く語る。 | トップページ | そしてたどり着いた場所は、GRAND CANYON »