« アリゾナ州で、アメリカらしさを感じる | トップページ | 「オルガンパイプ・サボテン」と語り合ったこと »

2007年2月 1日 (木)

そしてたどり着いた場所は、GRAND CANYON

226627_1りお太郎が初めてグランドキャニオンを訪れたのはたぶん16歳くらいの時だったと思う。高校の先生や同級生数人(りお太郎はアメリカの高校に通っていた)と一緒に、大きなキャンピンカーでオレゴンからアリゾナのグランドキャニオンまで2週間くらいかけて旅行した。

今でも、かなりはっきりと憶えているのだが、一番最初にグランドキャニオンを目にした時は、想像していたものより何倍もインパクトがあり、ただただ驚くばかりで声も出なかった。とにかく感動した、とひとことで言ってしまえば簡単だけど、若いりお太郎にとって、グランドキャニオンとの出会いは衝撃的で、それは完全に一目惚れのようなものだった。

13911国立公園に指定されている範囲で言えば、グランドキャニオンは全長約450km、深さは平均で1,200m、幅は広いところだと30kmにも及ぶ。しかしその規模が示すスケールは、あくまでもグランドキャニオンの単なるデータであり、あの峡谷のスゴさや偉大さを形容するものではない。りお太郎がグランドキャニオンに驚かされた理由、またグランドキャニオンに恋をしてしまった理由は、なによりも、あの峡谷が美しかったからだ。ホントにびっくりするくらい美しいんだ、これが!

225197はっきり言って、グランドキャニオンの美しさを表現したり、どれだけすばらしいところなのかを伝えることはわたしにはできません。だから、もう、みなさん自分でアリゾナに行って、見てきてくださいよ!めっちゃ感動するからさ。何もないような砂漠を進んでいくと、いきなり現れるんだ。大体いつも青い空の下に、ドーンとドでかい峡谷が見渡す限り広がるのだよ。夕日が沈むとき、その峡谷は真っ赤に染まって素敵なんだ。月明かりの下で、峡谷の端に腰掛けているとちょっと怖いんだけど、そんな時に、自然に対し心から感謝したくなるのだよ。あと、調子にのってグランドキャニオンを一気に谷底まで降りてしまうと、渓谷の上に戻ってくるのにとっても苦労するのだよ。りお太郎はホントひどい目にあったことがある。あそこは逆登山ができる。(行きが下山で、帰りが登山)

りお太郎はもうグランドキャニオンを6、7回は訪れているので、思い出を語ればきりがない。だから、その中のひとつだけを紹介します。

りお太郎が18歳の時に大好きだった女の子、I-nac生ならばみんなが知っている“ジェニファー”とのことです。いつだったか、ジェン(ジェニファーの呼び名)とふたりきりであれやこれや話をしていたら、彼女はグランドキャニオンに行ったことがない、ということを知りました。ジェンは酪農家の娘で田舎者なのです。りお太郎はグランドキャニオンの魅力について熱弁し、ジェンもそのうち行ってみたいな、などと言っておりました。当時ふたりが通っていたコロラドの大学が夏休みに入る直前の5月、もう授業もほとんどおわり、それぞれ地元に帰ったり、どこかに夏期アルバイトをやりに行ったりする計画をしていました。りお太郎はとりあえず山を登ることぐらいしか考えてなくて、夏休みに仲間とどこかに行くような予定もないから、3ヶ月もある夏休みはひとりでいることが多くなることが目に見えていました。

もう何ヶ月間もジェンに会えないのだと考えると、とてもつらくて、寂しくてたまらない。だから、休み前ふたりきりになった時、りお太郎は思い切って彼女に言いました。

I'm going to the Grand Canyon.  Do you want to come with me?  “俺はグランドキャニオンに行くんだ。一緒に行くか?”

ジェンはそっけなく、わたしはモンタナに帰るわ、と言いました。(モンタナは彼女の地元) 悲しかったな~。全然、彼女に好かれてはいないなと思いました。そして傷心のまま、りお太郎は夏休みの間、ひとりでグランドキャニオンを訪れました。(行くって言ってしまった以上、行かないと嘘つきになっちゃうから)落差1,000mの谷底に飛び降りるような真似はしなかったけど、渓谷にむかって叫んだり、泣いたりはしたと思うよ。

なんと、ジェニファーはそのまま大学を転校してしまい、夏休みが終わっても、りお太郎が通っていた大学に戻ってくることはなかったのです。(アメリカで大学を転校することは、単位とかがそっくりそのまま別の大学に移行されるようになっているから、よくあることなのだ) だから、あれ以来ジェンには会っていません。

ひとりで勝手に恋をして、勝手にフラれた気になっていたのだけど、そんなこと分かっていても、相当ヘコみました。はじめて本気で好きになったアメリカ人、そのジェンに、最後に言った言葉は、グランドキャニオンに一緒に行こう!だったのです。グランドキャニオンが思い出深い場所なのは、そんな思い出があるからかもしれない。

124216今度、I-nacの海外研修でグランドキャニオンに行った際、りお太郎が寂しそうにたたずんでいたら、学生のみんなはぜひ、気をつかってそっとしておいてあげてね。

|

« アリゾナ州で、アメリカらしさを感じる | トップページ | 「オルガンパイプ・サボテン」と語り合ったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アリゾナ州で、アメリカらしさを感じる | トップページ | 「オルガンパイプ・サボテン」と語り合ったこと »