« 「オルガンパイプ・サボテン」と語り合ったこと | トップページ | 地平線のかなたに見えたのは、灼熱の大地とアリゾナ州 »

2007年2月14日 (水)

I-nac山岳部 in 四阿山&根子岳

I-nac山岳部は、今回長野の菅平周辺の山に行きました。

まず2日間で日本百名山のひとつ四阿山に登り雪山を堪能し、3日目にバックカントリースキーのメッカになっている根子岳を登り、山スキーの醍醐味を知るという計画でした。今年は雪が少なく、冬山登山も山スキーもコンディションがあまりよくないのではと心配していましたが、菅平周辺は意外と降雪量があり、十分楽しむことができました。

P2100099P21001191日目は幕営するための装備を担いで、標高2,000mあたりまで登り、2日目の早朝に山頂にむかう予定でいました。1日目は天候に恵まれ、みんなも元気いっぱい、良い幕営地も見つけることができたし、次の朝は快調に登頂できることを誰も疑っていませんでした。ところが、2日目の朝、目を覚ますとテントには雪があたる音がする。外をのぞいてみると、完全にホワイトアウトではありませんか!くっそ~!前の日、そりで遊んでいないで、山頂まで行っておけばよかった、と後悔してもしようがない。風も強く、とにかく視界も悪かったので、登頂を断念し、下山することを余儀なくされました。

Pict00093日目は快晴!思わずイヤッホ~と叫ぶ。スキー場のリフトを使ってちょっとだけ標高をかせぎ、根子岳山頂を目指しました。山岳部員たちはスキーで滑走することを目的にバックカントリーに入るのは初体験だったのですが、ザックにスキーを取り付けて登っている姿は、けっこう様になっていました。この日は美しい青空がひろがり、気持ちの良い日になりました。しか~し、りお太郎のノリノリの気分をあるものが壊してしてくれたのでした。それは・・・ヘリです。根子岳はバックカントリースキーのメッカだし、山スキーやテレマークスキーを使って、りお太郎たちのように登っている人が多くいたのですが、それはまあ良いとして、ひっきりなしに頭上をヘリコプターが飛びまわっていて、轟音がずっ~と響きわたっていたのでした。だから、ザックも持っていない大勢の人がなんの苦労もしないで根子岳山頂を訪れていたのです。根子岳は天候さえ安定していれば、登るのが難しい山ではないし、やはり自分の足で登ってから、スキーで滑った方がよっぽど達成感を感じることができるはずなのに。文明の利器、ヘリを使って楽に山頂に立ってしまうのはもったいないと率直に思いました。

とにかくPict0018Pict0022_2山頂からの下りは最高!雪は少なかったですが、授業で練習したスキーの技術を駆使しながら、みんな気持ちよく滑ることができました。タケヒロは前回、根子岳に来たときはスキーの経験が浅かったため、歩いて下山しなくてはならなかったのだけど、今は見違えるようにスキーが上手くなりました。木の間の狭い場所ををぬって滑走する姿はかなりイケていた。JUNは履きなれないスキー靴(りお太郎のを借りていた)で足にマメをつくりながらもよくがんばった!MEGはひとりだけソリで滑りました。彼女はバックカントリーにおけるソリの第一人者にもなれるくらいコントロールには長けています。

P2120051みんなホントに楽しそうでした。山岳部の活動で、また山にスキーで行く計画が立てられる予感がしています。

撮影者:ITTO、SAKA、TAKEHIRO

|

« 「オルガンパイプ・サボテン」と語り合ったこと | トップページ | 地平線のかなたに見えたのは、灼熱の大地とアリゾナ州 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「オルガンパイプ・サボテン」と語り合ったこと | トップページ | 地平線のかなたに見えたのは、灼熱の大地とアリゾナ州 »