« アメリカ視察 ① | トップページ | アメリカ視察 ③ »

2007年3月29日 (木)

アメリカ視察 ②

ラスベガスから南東に400km、ほぼアリゾナ州のど真ん中にプレスコット市はある。りお太郎は今回初めてこの地を訪れた。町の人口は4万人で、もともと鉱山の発見によって19世紀半ばから栄えはじめ、近年に関してはカリフォルニア州などから移住者が多く、あとアリゾナ州の大都市フェニックスから避暑で訪れる人がたくさんいるとのことだ。標高1,600mの山に囲まれた静かな田舎町をイメージしていたが、実際のところは、ショッピングセンターやたくさんのホテル、カジノまであり、予想よりも賑やか、というよりは騒がしい感じがした。

りお太郎はシボレーHHR(前回の項参照)をかっ飛ばし、プレスコットに到着したのだが、ここに来た目的は当然カジノで遊ぶためではない。自然豊かなプレスコットにある、かの有名なプレスコット大学を訪れるためだ。その独自のカリキュラムで環境教育と冒険教育の分野では先進的な人材を育成している学校であり、りお太郎もアメリカの大学でアウトドア関係の学部を専攻していたので、プレスコット大学の名前だけは聞いたことがあった。半年ほど前に、りお太郎は大学の冒険教育学部の先生にメールをうち、それからメールのやりとりをはじめ、I-nacの研修でプレスコット大学を訪問したいということが伝えてあった。そういうことなら、全面的にお手伝いさせてもらうとも言ってもらっていたので、今回は大学を訪れてI-nacの学生たちがプレスコットでどんなことができるかを打ち合わせすることになっていたのである。

プレスコットの中心街からすぐ西に行くと住宅地のエリアなのだが、そこにあるプレスコット大学のキャンパスに、りお太郎は地図を見て探すまでもなく、すぐにたどり着けると思っていた。ところが、“プレスコット大学はこちら”という看板は見つけたものの、大学のキャンパスらしきものが見当たらなかったのである。道を行ったりきたりしながら、住宅街をウロついていると“プレスコット大学”のネームが入った車やバンが駐車しているのを見つけた。Dscn7204そこには10人乗りくらいのハイエースのようなバンが30台くらいはとまっていたが、なんで学校の校舎が見つけられないのか不思議でならなかった。もしやと思い、よ~く駐車場周辺を見てみると、だれかのお宅や倉庫のように見えていたのは、まぎれもなくプレスコット大学の建物で、住宅街にいるように感じていたが、実はプレスコット大学のキャンプ内にりお太郎はすでに無事に到着していたのだ。マジ!ここなのか?

プレスコット大学は、そのほとんどの授業が野外で実施される。だから教室などはあまり必要とせず、校舎は用具を保管しているまるで倉庫のようなところばかり。まともな建物は、図書館とカフェテリアくらいで、変な建物の中がところどころ教室になっている。驚いたのは大学とは関係のない普通のお店が入っているその同じ建物に、教室や先生のオフィスがふつ~にあったりすることだ。ちなみにりお太郎がメールでやりとりをしていたスティーブ先生のオフィスは、チェーンソーなどを売っている林業関係のお店の2階にあったのだった。Dscn7198

すごいところにやって来たぜ。りお太郎はこの大学に最初から驚かされたのだが、サプライズはこれだけではなかった。

|

« アメリカ視察 ① | トップページ | アメリカ視察 ③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカ視察 ① | トップページ | アメリカ視察 ③ »