« アウトドアな日が続く | トップページ | アメリカを旅するなら“グレハン”が面白い。 »

2007年5月30日 (水)

りお太郎 & Shuntaroがゆく

この間の日曜日、2歳の息子と一緒にプチ旅行をした。旅行と言っても、たった3時間程度だが、自動車、電車、バスといろんな交通手段を使って、けっこう楽しむことができた。

まず、りお太郎の息子、Shuntaroが現在、何に一番興味を持っているかを説明しなくてはならない。Shuntaroは完全にトミカにハマっているのである。一日の中で、かなり長い時間をミニカーで遊ぶ時間に費やしている。おかげで、トラックとバスの違いはおろか、幼稚園バスからクロネコヤマトのトラックまで細かく区別することができるのだ。だから外に出ると、ずっと道行く自動車に釘付けになっている。そして、最近になってShuntaroから強い要望があったのが、電車に乗せてほしい、ということだった。ついに車だけでは飽き足らず、電車まで興味の対象をひろげてきたか。まあ、それも良いだろう。

そこで、Shuntaroを車に乗せて、とりあえず近くの駅まで行った。すると、ちょうど良く電車がホームに入ってきた。Shuntaroは大喜びだ。いちおう時刻表を確認してから乗り込もうと考えていたのだが、この電車を逃すと次に来る電車をどれだけ待つか分からない。だから、乗ってしまった方が良いに決まっている。そう思って、ふたりで急いで乗り込んだが、これはあまり賢い行動ではなかった。

りお太郎の住んでいる上越市を通っているのは信越本線で、ローカル線と言ってしまうほどの路線ではないが、電車の本数はずいぶんと少ない。はしゃいでいるShuntaroと一緒にずっと電車に乗っていたかったが、車をとめた駅まで、またもどらなくてはならないから、一駅だけですぐに電車をおりた。そこで、りお太郎は次の上りの電車が来るのが2時間後だということを思い知らされたのだった。

2時間も待つのか・・・なんと不便なことだ。最近自分の車でしか出かけていなかったから、電車を使うと思い通りにならないことがいろいろとあることを忘れていた。特に新潟のような田舎ではなおさらのことだ。ここで、りお太郎は頭を切り替えた。と言うより、電車をあきらめたのだった。電車がダメならバスだ!Shuntaroはバスにも乗れたらもっと喜ぶに違いない。

駅から大通りまで徒歩で20分かかった。Shuntaroは電車に未練があったようだったが、いくら待っても電車は来ないのだよ。と、りお太郎がさとして理解してくれたようだった。そしてバス停に着いた。次のバスが来るのは・・・40分後。あぁそうなんだ、やっぱ日曜日だし、本数少ないな~。しかも駅まで戻るために、一回バスを乗り換えなくてはならないのである。一回乗って、すぐ降りて、次のバスが来るまでまた15分の待ちか・・・効率が悪すぎて悲しくなる。Shuntaroはバスにも乗れるのだとを聞いて、素直に喜んでいたが、そのバスを待つ時間は必要以上に長かった。ばすおそいね、ばすおそいね、と繰り返し言っていたので、ようやくバスがやって来た時の喜びようは、大変なものだった。

そのバスの移動もあっというまだったので、実際のところ待っている時間ばかり長かった。それでもShuntaroにとって充実した数時間だったに違いない。大好きな乗り物にたくさん乗れたからね。車に戻ってから、すぐに帰宅したが、りお太郎の奥さんから、ふたりで何をやっていたの?と呆れたように言われた。

|

« アウトドアな日が続く | トップページ | アメリカを旅するなら“グレハン”が面白い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウトドアな日が続く | トップページ | アメリカを旅するなら“グレハン”が面白い。 »