« 新潟が誇る、日本一の山脈 | トップページ | アドベンチャーはアセラナイ »

2007年9月 1日 (土)

山岳部、谷川岳の幽ノ沢に挑む

りお太郎にとって、久しぶりのアルパインクライミングでした。

P8190282幽ノ沢、V字状岩壁右ルートのグレードは4級程度で、初級者が取り付くルートとしてまあまあ人気があるところです。今回の山岳部遠征は、クライミングに熱心な学生たちばかりだったので、北アルプスの縦走から急きょ、谷川岳の本チャンルートの登攀に変更したのでした。技術的に全く問題のない快適なクライミングをするつもりが、そんなわけにはいかず、やたら緊張感を味わうことになりました。

随分前になりますが、りお太郎は一度だけ、幽ノ沢に入ったことがあります。V字状岩壁ではなく、大滝周辺で登ったのですが、これは稜線までぬける長いピッチではありません。しかし今回の登攀は幽ノ沢のカールボーデン(氷河によって削られた表面が滑らかな緩傾斜の岩壁)から、ルートファインディングを駆使して一気に堅炭尾根までつめる10ピッチ以上のルートなので相当登り応えがあります。しかも前日は雨だったので、アプローチから岩が濡れていて決して楽ではないのです。

I-nacの山岳部はその道のプロを目指している学生たちばかりです。経験値をどんどん上げてもらうため、積極的に先頭に立ってもらいました。学生たちは幽ノ沢の出合からのスラブ状の沢登りに少しばかり苦戦を強いられました。それは、りお太郎のようにフリクションのあるアプローチシューズではなく、普通の登山靴を履いていたからです。濡れた花崗岩はやたら滑りやすく、みんな慎重になり、ペースは上がりません。しかし、カールボーデンに出ると岩は完全に乾いており、快調に学生たちはクライミングを楽しみ始めました。今度はりお太郎の方が学生たちについていくのが大変になりました。

勢いがあるのは良いことだ。やっぱり若いってことは、ちょっと羨ましいね。しかし、学生たちは勢いがあり過ぎて、ロープを使い始めるべきルートの取り付きを見逃したまま、どんどん登っていってしまいました。りお太郎自身も、始めての場所だったので、はっきりと1ピッチ目のはじまりが分からず、そのまま学生たちを追いかけて登っていったのですが、ここではロープを使って安全確保するべきところでした。あきらかに、ルートの途中だと分かるテラスで小休止し、やっとロープの準備をしました。ここからが本当のクライミングで、りお太郎はさっそく1ピッチ目をリードしてみました。2ピッチ目からは学生にリードしてもらい、最高の天気を満喫しながら気分良くクライミングができました。幽ノ沢で登っているのが自分たちだけだったので、だれに気兼ねするもことはありません。ところが・・・

ルートの前半を、ロープなしで無理やり登ったこともあり、自分たちが何ピッチ目にいるのか正確に把握できていなかったのですが、りお太郎は完全に核心部の場所を間違えてしまったのです。学生のひとりが、ルート上の中途半端な場所でリードからビレイの体勢に入ろうとしていたので、りお太郎が先に登って、次の安全な場所まで、確保なしで登り、そこでセカンドを確保しようと考えました。ところが、もう難しいところは登り切ったと思っていたのが大きな間違いで、そこから核心部と言えるような場所がいきなり現れたのでした。岩が張り出し、高度感がいっぱいで、そこはロープで安全確保してもらわないと、絶対に登りたくないような場所なのです。しかし、どうにもならん。りお太郎はスリングや埋め込まれているハーケンを使って(いわゆるエイド・クライミングですね)、そこをなんとか通過しました。

その後も、岩に草がまじったちょっと不安定なクライミングが続きましたが、1回無茶をして危険なことをしてしまったせいか、緊張感が高まり、余裕があったはずなのにずいぶんと疲労感が溜まってきました。最後はハイマツの中を藪こぎして、終了点に到着。そこからはケモノ道っぽいところをすすんで尾根に出ました。絶対に墜落が許されない高度感ある場所から開放されたときは、ホッとしました。

登山道を歩くのと違い、山のあるがままの地形の中で、人間によって手が加えられていないところをよじ登るのは、やっぱり気分が良いし、満足感が得られます。谷川岳を登るには、やはり岩壁の中、自然をモロに肌で感じながら登るのが気持ち良いと思います。今回はルートファインディングでミスがあり、反省点も多々ありますが、大きな達成感もあった山行になりました。

|

« 新潟が誇る、日本一の山脈 | トップページ | アドベンチャーはアセラナイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟が誇る、日本一の山脈 | トップページ | アドベンチャーはアセラナイ »