« 山岳部、谷川岳の幽ノ沢に挑む | トップページ | アウトワードバウンド① »

2007年10月21日 (日)

アドベンチャーはアセラナイ

この間、I-nacではアドベンチャー実習が行われた。10日間近くも妙高周辺の奥深い自然の中で休むことなく活動し続けるという、肉体的にも精神的にも過酷な実習である。

妙高の魅力は山を登りながら感じるのが一番良いと、りお太郎は考えているので、今年のアドベンチャー実習は登山中心のコースに設定した。そして、新潟県の数多い山の中でも、頂上で味わうことができる達成感が格別に素晴らしい山々をコースに含めた。それはN岳とY山のことなのだが、できれば登山者が少ないまま、今のような静かな山行ができる山として残ってほしいと思っているので、勝手ながら山名は明かさないことにする。

Pict0012この実習中に、N岳を登ったときのことである。学生たちはその日4チームに分かれて行動をしていたが、最後のチームがN岳頂上に達したのは陽がずいぶん傾いてからである。りお太郎はN岳頂上で、彼らの姿が見えるのを今か今かと待ちかまえていた。この時点でりお太郎の感じていた焦りを、ラスト・チームのメンバーは誰も気づいていなかったのであろう。なぜならば、最後の頂上につづく稜線にあらわれたラスト・チームの様子はのんきな感じで、危険な岩場だという緊張感も無く、ホント仲間と一緒に登山を楽しんじゃっている和やかなオーラが出ていたのだ。アッ りおだ!ヤッホーとか言っているのが聞こえた。こらー!早く歩け!とか怒って叫ぼうかと思ったけれど、逆に、思わずこっちも笑顔になって、イエーイとか手をふりかえししてしまった。

Pict0022りお太郎がその時、しみじみと感じたことは、仲間と一緒に登山をするのって、やっぱりいいなぁということだった。ノロノロとこっちに向かってくるラスト・チームには一体感だけはあり、それが無性に羨ましくなった。そして、なんだか、ひとりで学生のことを心配しすぎて、落ち着きがない自分が情けなかった。だから、ちぇっと舌打ちしてから、今日は真っ暗の中、夜遅くまでかけて下山することが確定したことを伝えて、打ちのめしてやろうかと考えたけど、もうここで、完全にりお太郎の負けだった。怒ったり、注意を促すことよりも、夕日を見ながら岩場を降りて、星を見ながら樹林帯を歩く、けっこういいかも、とかなんとか考えていたのである。ホントのところ、ラスト・チームには悲壮感を持ってもらうべきところだったかもしれないけど、雰囲気が良いチームだったから、少しばかり大変な状況の中でもポジティブな見方をしてもらいたくなったのだ。

Pict0029けっきょく下山したのは夜中の11時、最後の方は休憩なしでひたすら歩き、なんとか日付がかわる前に帰り着くことができた。キャンプ地では、他のチームが夕飯を用意していて、ハァー、疲れたとか言って座りこんでいると勝手に食べ物が出てきた。これは、めちゃくちゃ有難かった。長い一日だったけど、なかなか良い登山ができたなぁ。りお太郎はそんなこと思いながら、自分自身が学生の時、仲間と一緒に行った登山のことを思い出していた。たぶん、疲れきっているとき、先生から同じようなこと言われて、ふざんけんな、コイツと思いながらも、満足感を噛み締めていたんだろうなぁということを。

次回はりお太郎の学生時代、仲間と一緒に行ったアドベンチャー実習と似たような登山の実習について書きます。

|

« 山岳部、谷川岳の幽ノ沢に挑む | トップページ | アウトワードバウンド① »

コメント

早速見せていただきました。次回のブログも期待しています。

投稿: いとぅ | 2007年10月21日 (日) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山岳部、谷川岳の幽ノ沢に挑む | トップページ | アウトワードバウンド① »