« ボリビアの高峰、“黄金のコンドル” | トップページ | ブエナ・ビスタ(良い景色)という名前の町 »

2008年3月25日 (火)

マウント・レモンはクライマーズ ヘヴィン(天国)

先日、群馬のウォールストリートというクライミングジムに行った。ボルダリングの大会に参加するためである。当然、学生たちが大会に出場しているわけだが、今回は無理して自分も出場したのだった。いちおう大会の2、3日前に少しばかり練習したが、半年くらいもクライミングをやっていなかった。りお太郎としては、大会を楽しむことができて、なおかつ自分が納得できるくらい登れたら良いのになぁと安易に考えていたが、自分が参加した“ミドルクラス”というカテゴリーの中で最下位のビリッけつという結果だった。ヒーヒー言いながらほとんど登れず、まったく満足できずに終わってしまったことは残念だった。

フリークライミングを初めて体験したのは、19歳のときだった。それまでにヨセミテ国立公園やグランド・ティートン、ダイアモンドフェース(ロングスピーク)といった、アメリカを代表するようなクライミングエリアをすでに訪れていたが、いつもひとりきりだったことと、クライミングはオッカナソウだったので、トライできずにいた。

2その後、大学でアウトドアを専攻したことで、クライミングが授業科目として入り、本格的にフリークライミングというスポーツに触れる機会を持つことができた。大学入学したばかりの頃、すぐに長期の実習があり、いきなり1週間の合宿形式でクライミングをやることになったのである。そして、そのときに訪れた場所が、アリゾナ州の南部にある“マウント・レモン”だった。

1サンタ・カタリーナ山脈に属する3,000mにも満たない山のひとつだが、りお太郎が初めてマウント・レモンを目にした時の驚きは、ハンパないものだった。行く前から、マウント・レモンがゴツゴツした岩山だということは容易に想像できた。しかし、最初に麓の町からその山を見上げたときに驚いたのは、それがまるで針の山のようで、よ~く見ると何千という岩塔が立ち並んでいたからだった。しかし、その針の山は地獄でお目にかかるような暗さや陰湿さはなく、青い空と緑のサボテンがよく似合い、黄色あるいはオレンジ色に近いような岩が美しい、素晴らしい山なのだった。

31週間でみっちりと、トップロープクライミングから、リード、そして3ピッチくらいのマルチピッチまでこなし、クライミングの経験値を幅広く積んでいくという、大ざっぱなアメリカ的な考えのもとで、少しばかり無茶ともいえる内容の実習だった。だけど、このエリアは初心者にとって最高の環境で、岩はいくらでもあり、ルートはどんなグレードでも揃っている。仲間たちと一緒になって岩と戯れながら、広大なエリアで誰に気兼ねするもことなく無我夢中になってクライミングに取り組むことができた。

5砂漠地方のアリゾナにおいて、マウント・レモンくらいの標高はカラッとしてちょうど過ごしやすい気候になる。日中はTシャツ1枚でも暑いくらいだが、日陰に入ると涼しかった。夜は肌寒くなるから、早めに寝てしまうのだが、毎朝目を覚ますと真っ青の空が広がるのである。どんなに疲れていても、今日もいっちょうやったるか!と元気が沸いてくるのは、日本のようにジメジメしていないからだろうか?昼食などで休憩するときは、一日中太陽に照らされて暖かくなった岩の上で寝そべって、サンドイッチを頬張っていた。眺めのすこぶる良い岩の上で、まわりを見渡すとホントに岩だらけなのだった。クライミングができるルートは無限にあるように思えた。俺だったら、多分一生かかっても登りつくせないじゃないか?スゲーなぁ・・・

4たしか、マウント・レモンで登ったルートで一番難しかったのは、5.10bのリードだったと思う。何回もチャレンジした末に完登したのだが、現在の自分自身のオンサイト能力は、上手くいっても5.10bくらいではないだろうか?あれから10年以上経っているのに、クライミングテクニックはまったく伸びていない。逆に、持久力がグンと落ちてしまっているに違いない。あぁ情けないな~

マウント・レモンの麓には、アリゾナ州第2の都市ツーソンがある。メキシコに近いこともあり、ラテン系の雰囲気の町だが、砂漠のオアシスみたいなイメージで、とても良い印象がある。特にりお太郎のお気に入りは、ツーソンのアウトドアショップ“Summit Hut”というお店。 http://www.summithut.com/ 通販で日本にも発送してくれるようだから、円高の今ならお買い得があるかも。

6ツーソンの町をはさんで、マウント・レモンとは反対側に、りお太郎が気になっている山がある。アリゾナ州で最も頂上に立つのが難しいと言われている山だ。実は、次回のI-nacアメリカ研修では、この山の登頂を目指している。かなりマニアックで、クライマー以外にはほとんど知られていない。なぜ登るのが難しいかというと、頂上に達するためにはクライミングの技術が必要になるからだ。今ここで紹介して、広く認知されてほしくないので、名前は“ピークB”としておく。ピークBはネイティブアメリカンの聖なる山でもあり、山の姿、歴史、ルートなど、すべてにおいて濃い内容が揃っている魅力的な山なのだ。とりあえず写真だけ載せておくが、いずれブログで、もう少し詳しく紹介しよう。

7

|

« ボリビアの高峰、“黄金のコンドル” | トップページ | ブエナ・ビスタ(良い景色)という名前の町 »

コメント

トップバナーの写真は『槍が岳』だと...山も良いですがクライミング頑張ってくださいね(^^ゞ

投稿: いとぅ | 2008年3月26日 (水) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボリビアの高峰、“黄金のコンドル” | トップページ | ブエナ・ビスタ(良い景色)という名前の町 »