« 2010年9月 | トップページ | 2012年8月 »

2011年10月 9日 (日)

山が教えてくれたこと。

最近はただただ平凡で、エネルギーを吐き出すようなこともなく、なんか息苦しい毎日が続いていたけれど、専門学校のときの学生と一緒に山に行ったことで、純粋な情熱を少し分けてもらえた気がしていた。

 

そして今日、発売されたばかりの「岳」15巻を読んだら、たいしたことないくせにふさぎこんでいた自分が情けなくて、もっと上を向かなくてはならないと思ったのだった。この三歩のセリフには、ジョージ・マロリーの「そこに山があるから・・・」くらいに重みを感じた。

 

「登れる、登れないは分からない。やるまで分からない。

 だから・・・ オレは“やる”を選ぶ。

 後のことは山が教えてくれるんだ。」

 

アメリカにいるとき、自分には何もなくて、どうしていいのか分からなくて不安で不安で仕方なかったけれど、山登りだけは確かなことのように感じることができた。

 

地図を眺めていると、行ってみたいな、と思う山はいくらでもあった。ザックに装備と食料を入れたら、大学の授業のことなんか忘れて、ひとりで山に入っていった。

 

頂上にたどり着けることもあれば、やっつけられて帰ってくることもたくさんあったけど、岩でゴツゴツしたコロラドの4000mを超える山たちは、自分自身にとって最高のフィールドであり、いろんなことを教えてくれる良い学校だった。

 

毎週のように山に登り、それが何になるのか、将来につながる何かがあるのか、全く想像さえできなかったけれど、山と向き合うことが楽しくて、それが生きがいだったし、そのときの自分が選んだ最良の選択肢が、青春を山に賭けることだったわけで、それは間違っていなかったと自信を持って言える。

 

山が教えてくれたことは・・・

登れる、登れないかは分からない。それでもやってみること。

できる、できないかは分からない。それでもやってみること。

それによって、きっと成長できるのだから、やってみるしかない。

 

それは登山を通して、自分が得た信念だったはずなのに、最近忘れていたようだ。

 

大学卒業後、どうなるかはわからんけれど、南米に半年旅に出てみようと決めた。

そしたら新しい世界が広がったし、エクアドルのチンボラッソの頂上にひとりで立つことができた。

 

日本に戻って、朝も夜もアルバイトに明け暮れていたとき、アラスカのマッキンリーに行かないかと誘われて行ってみた。それで高山病であやうく死にかけっちゃったけど、命を救ってもらった大切な仲間を得ることができたし、山登り以外の新しい人生の再スタートも切ることができた。

 

専門学校で学生を山に連れていくときは、登れるか、登れないかは分からない。その際どいところを基準にして、たくさんの山に一緒に出かけて、たくさんの感動を共有することができた。それは山が与えてくれた素晴らしいプレゼントだったし、人生の糧となっている。

 

今、仕事をしながら、ここにいれば一生安定、安心なのだからと、自分に言い聞かせることがある。それは登れるか、登れないか、みたいなこととは明らかに違う気がする。ちゃんと胸をはって、結果がどうあれ、やる!と思えるような仕事がしたい。それを早く見つけることが今の課題。

| | コメント (1)

« 2010年9月 | トップページ | 2012年8月 »