2009年7月25日 (土)

登山ツアーでの事故

北海道で痛ましい事故が起こった。亡くなられた方たちのご家族のことを思うと悲しくてやるせない。みんな山が本当に好きで、遠い西日本から憧れの大雪までやって来て、楽しみにしていた登山中に今回のような事態になってしまったことは本当に残念だ。 

この遭難によって、ツアー登山の問題、特に旅行会社の責任がクローズアップされた。山登りというリスクの高い活動を商品にして、顧客に安全かつ魅力的なサービスを提供することは、とても大変なことに違いない。提供する側にしてみたら、並大抵の覚悟でできることではないし、企画や準備、そして実際のガイド業務でも、何一つ手を抜けない難しい仕事ばかりだと思う。りお太郎は、山岳系のツアーを主催する旅行会社で働いている方やプロの山岳ガイドと、少なからず一緒に仕事をさせてもらい、いろんなところで話をしてきたが、みんな心から尊敬できる責任感の強い人たちばかりだ。

結果的に多くの命が奪われている以上、その責任がツアーを運営している当事者、今回の場合は旅行会社に、全く無いとは言い切れないけど、登山ツアーを否定し、ガイドを悪者扱いにして、ひたすらアラさがしをしているような報道は、見ていると胸が苦しくなるばかりだ。登山の業界に携わっているひとりとして、りお太郎も遭難事故において何が問題だったのを検証する必要があるのかもしれないが、今一番気になるのは、旅行会社のやり方に不備があったかどうかよりは、そのもとで働いているガイドの人たちが、山を案内するという仕事に対して、どのような思いがあるかというその一点である。

北海道の山の素晴らしさは、よく知っているつもりである。大雪山からトムラウシを縦走し、歩いてきた行程をふりかえれば、そこには雄大な景色が広がっているはずで、誰もが感動できる最高の場所なのだ。そこに多くの人を案内し、一緒に感動を共有することには、すごい価値があると思う。ただ単に、仕事だからトムラウシに行かなくてはならないと割り切っていたり、あるいはガイドは安全にお客さんを連れて行程をこなせば良いと思っているような人は、そもそもこの業界で仕事をするはずがない。ガイド業務とはそんなチャチなものではないし、ガイドは自らの意思で山に入っているはずで、連れていくことになるお客さんに対しては、本気で山の魅力を伝える意志があると思う。山を案内する理由は、単に仕事だからというのではなく、登山の楽しさや自然の豊かさを深く知ってもらいたいからなのだと、ガイドには胸を張って言ってもらいたい。

お客さんにも山を好きになってもらいたいという熱い気持ちがあれば、必然的にガイドは準備周到になる。本気で登山を楽しんでもらいたいと思えば、装備はしっかり整えるだろうし、コースを下見し、じっくり案内のプランを練ることになるだろう。いきなり知らない山に誰かを連れて行っても、楽しませることが難しいのはガイドであれば当然分かることだ。

自分の案内したい山をガイドできなかったり、自分が案内したいように、じっくり時間をかけて歩いたり、天候が悪くなったとき、自分ならこうするだろうという行動をとれずに、しがらみや規定にあわせて行動するようなら、ガイドの本分は失われてしまうと思う。そして、危ない橋を渡らなくてはならない。ガイドにそんな心配があるのなら、良い仕事はできないだろうし、責任のある仕事をやっていても、誇りも喜びも持てないかもしれない。

登山は危険というイメージが、ますます強まっていくのかもしれないが、プロのガイドを信頼し、その信頼に精一杯こたえるべく懸命に仕事に向き合っているガイドに対して、“ありがとう”と、ひとこと言うことのできるお客さんたちが、登山ツアーに戻ってきてくれることを、りお太郎は切に願っている。

| | コメント (0)

2007年8月 3日 (金)

新潟が誇る、日本一の山脈

日本で一番高い山なら誰だって知っている。日本最高峰は標高3,776mの富士山だが、日本で一番低い山はと言うと、りお太郎のようなマニアだけしか知らないだろう。

日本一低い山は、いちおう大阪の天保山とされている。標高はたった4.53mだが、登頂認定書まで発行してもらえ、ちょっとした観光地になっている場所だ。はっきり言ってそれにどれだけ価値があるのか分からんが、国土地理院の地形図にきちんと記載されている山だから“公認”なのである。浜辺に砂で山をつくって、天保山より低い山だぞ!と言い張れば、それも日本一低い山に違いないと思うのだが、歴史的にも由緒がある天保山は、立派な山として認めてしまっても良いのではないかと思う。しかし、この山は人工なので、日本一低い山は、徳島県の弁天山(6.1m)とか、秋田県八郎潟の大潟富士(海抜0m)だとか、いろんな見方がされている。興味のある人はもっと詳しく調べてみてはいかがか?

Myphoto

Myphoto1 さて、りお太郎が愛する、わがふるさと新潟県には、(最近また大きな地震があり、やたら災害が多いので他県での評判が悪いのが悲しい) 日本一小さな山脈がある。下越地方の胎内川と加治川の間に位置する“櫛形山脈”こそが、日本で最も小さい山脈だと言われている。最高峰の櫛形山(568m)を中心に、北は鳥坂山、南は大峰山へ縦走登山だってできる。しかも、山城跡があったり、カタクリなどの花が美しいのに加え、日本海や飯豊連峰方面の展望だってすこぶる良い。さらに、山麓は桜の名所だったり、ブナ林があったり、登山口の近くに温泉もあり、櫛形山脈はいろんな楽しみ方ができる山なのだ。りお太郎は冬に縦走し、充実した静かな山行をしたことがある。

実は昨日、I-nacの卒業生のY也が勤めている胎内市の旅行会社を訪れたのである。そこではインターンシップ生として、山岳プロ学科の学生2名がお世話になっているので、Y也の仕事ぶりとあわせて、学生たちの様子も見ることができた。

Kusi51 Kusigatabuna1533s I-nac在学中は登山だけでなく、クライミングやスキー、マウンテンバイクからアドベンチャーレースまで幅広く活動していたY也は、社会人になった今も休みの日は活発に体を動かしているようだった。櫛形山脈をマウンテンバイクのトレーニングフィールドとして大いに活用しているとのことだった。今後は近くの飯豊連峰まで活動範囲をひろげ、沢登りをやろうとしていた。

りお太郎は、そんなY也の逞しい姿が嬉しいのだけど、久しぶりに会ったのに、彼が学校にいる時まったく変わっていなかったのことに、ちょっと驚いた。仕事がたいへん過ぎて、やつれている姿を想像していたのかもしれない。妙高をはなれてからは、櫛形山脈のある胎内市を新しいホームタウンにして、一生懸命仕事に打ち込みながら着々と成長しているに違いない。

| | コメント (0)

2007年1月 3日 (水)

新年早々、長野の御座山(おぐらさん)を登る

Dscn7078 りお太郎の友人で、千葉在住のKAYAという男がいるのだが、久々に彼と一緒に元旦から登山に行くことにした。できるだけ人がいない静かな山で、無人で無料の山小屋が立っているところがないか、というリクエストがあったので、りお太郎は年末の特番テレビには目もくれず、山のガイドブックをかたっぱしから調べた。

長野県の佐久市から南へ行くと、北相木村、南相木村というなぜか市町村合併されていない、とっても小さな村々があり、“御座山”はそこに聳え立っている。日本200名山に入っていて、標高2,000mを越える山だが、近くの八ヶ岳に人気が集中しているせいか、登山者はあまり多くなさそうだ。ましてや冬季に、しかも元旦からこの山に登る人はいないだろうと、りお太郎が予想したとおり、1月1日、2日の2日間でだれとも会うことはなかった。

Img_0956この山、夏に来たら平凡で、登山道にはそんな危険も無いのだろうが、ここは冬とにかく気温が低いようで、登山道のほとんどが凍結していた。だから、なんてことのない道もツルツルで滑るので、極めて歩きにくい、危なっかしい状態になっていた。それでも2人で何回もズッコケながらも、御座山の頂上までたどり着いた。

頂上には立派過ぎるほどの小屋が立っていて、冬でも快適な一晩を過ごすことができる。しかも山頂からの展望はとてもすばらしかったので、夜になって月明かりの中で山頂に行き、岩々したピークで少しの間すごした。かなり寒かったけど・・・

Img_0964 入山口と下山口は違う登山口だったので、下山した南相木村から北相木村まで、バスで移動する予定でいたのだが、北相木村のバスがなぜか運休していたため、それを知らなかったりお太郎たちは無駄にバス停で待ちぼうけた。それはともかく今年最初の登山は良い山行になった。りお太郎にとって今年は忙しい年になりそうだが、たくさん山に行って楽しみたい。

初詣では、おみくじで大吉をひいたので、きっと良いことばかりあるに違いない。

| | コメント (0)

2006年12月30日 (土)

雪国、妙高なのに・・・

Ts380085I-nacは冬休みになったので、りお太郎はスキー場で滑りまくってやろうと思っていたのだが、雪がなかなか降らない。やっと12月もおわりになって待ちにまった寒波が来た。りお太郎は今シーズンかなりファットな板を手に入れたので、早速使ってみたのだが、小回りがきかないし、使い勝手が悪い。もっとたっぷり雪があって、フカフカになれば違うのかも知れないけれど、とにかくもっと練習が必要だと実感した一日だった。

薄い雪の下はガリガリ。コンディションは全然良くない。妙高には昨年、これでもかと言うくらい勢い良く雪が降っていたのに、今年はいったいどうしたんだろう?

| | コメント (0)

2006年10月11日 (水)

青森の岩木山をみて想う

りお太郎は今週、青森に行ってきました。津軽半島の真ん中あたりにある町"五所川原"にりお太郎の奥さんの実家があるのです。五所川原からほど近いところにある弘前の方はけっこう大きな町なのですが、五所川原はその田舎ちっくな名前からも想像できるとおり、ホントのホントに田舎くさい町です。津軽地方は訛りも独特なので、訪れるたびに本州の端っこまではるばる来たなぁという感慨が自然と湧いてきます。

大阪発青森行きの寝台特急"日本海"に直江津から乗り込むと、寝ているうちに青森まで運んでくれます。新潟~青森間を車で運転するのと比べると、夜中の12時近くに直江津を発ち、朝方に弘前に着いてしまう夜行列車は随分楽なものです。今回、大雨の影響で列車はかなり遅れてしまったのですが、列車が青森に入ってからは車窓から岩木山を望むことができました。通称"津軽富士"と呼ばれ、標高は1,625mの独立峰です。

津軽出身の作家、太宰治の小説の中に岩木山のことがあり、この山が美しく、故郷の山として誇りに感じられるのは、岩木山が独立峰だからと書かれています。この山のまわりにほかにも山があったならば、全く価値が下がってしまうというわけです。たった1,600m程度の山でも、津軽平野でひとりそびえて立っているから、良い山なのだと岩木山について親しみをこめて紹介していたことが、りお太郎の印象に残っています。それでも、真っ赤に実ったりんごの木々のむこうに見えた岩木山すばらしい山だなぁと思えました。

りお太郎は山が好きで好きで、海外の山にも憧れを抱き、今もなんとかお金を貯めて海外遠征の計画を立てたりしているのですが、よ~く考えてみると一番好きで、憧れる山は孤高にそびえる独立峰なのかなぁと気づくかされました。以前紹介したオレゴンのフッド山、エクアドルのチンボラソも、カナダのアッシニボインもスイスのマッターホルンなんかも全部独立峰です。りお太郎は、きっとこれからも世界にある○○富士みたいな山とか、広い大地にポツンと立つ独立峰を目標にすることになりそうです。

| | コメント (0)

2006年9月18日 (月)

歩いてしか行けない秘湯

Pa0_0001温泉マニアのりお太郎は、山の中にある秘湯、野趣あふれる露天風呂が特に好きだ。火山帯にある日本列島は温泉に恵まれており、全国にすばらしい温泉がある。これは他の国に行った時、外国人たちに大いに自慢するべきことだ。昔ながらの古い宿が並ぶ温泉地を歩いたり、源泉かけ流しにこだわったり、静かな一軒宿でのんびりするなどと温泉の楽しみ方はいろいろあるが、登山が好きなりお太郎は、温泉が本当の山の中、自力で登らなくてはたどり着けないような場所にあると、スゴイ惹かれる。

そんな温泉のひとつに、険しい登山道を2時間歩かなければ入れない秘湯、“赤湯”がある。りお太郎は宮下先生と一緒に、昨日久しぶりに赤湯に行ってきた。この新潟を代表する秘湯は、スキーで有名な苗場スキー場のすぐ脇にある林道から入る。そして苗場山の頂上へ続く登山道を登って、道がいったん下り清津川の川原に出たところに露天風呂がある。

前に来た時は、たしか誰一人といなくて、広々とお風呂を独り占めできたのだが、最近は中高年の登山ブームが、さらに進化し、秘湯ブームにまでなっているようで、おじちゃんたちがたくさんいた。Sn250351Sn250347赤湯には明治時代創業という老舗山小屋の“山口館”が建っていて、そちらの宿泊客も大勢いるようだった。 人が多くて、ちょっと秘湯という雰囲気を味わえなかったけど、清津川の流れがすぐ目の前にあり、その山深いロケーションにいると、日本の温泉の良さがしみじみと感じられる。赤湯というだけあって、お湯は赤茶けていて、けっこう広い湯船には、熱いところととぬるいところとあるので、ちょうど良い湯加減で長く入っていられるのだ。

ホント最高の温泉なんだけど、ゆっくりお湯につかった後、また2時間の道のりを汗びっしょりになって歩くのがつらい。ふたりとも帰りの行程はだるくてしんどかった。でも、しりとりをして気を紛らわせようとしていたら、あっという間に登山口に着いた。(宮下先生にしりとりで打ち負かされた)

| | コメント (0)